ページ内移動用のメニューです。

スキルアップセミナー 介護現場で日々業務する看護師のに応えるセミナーのご案内!

  • スキルアップセミナーTOP
  • セミナー一覧・お申し込み
  • セミナーレポート

セミナーレポート

これまでに開催したセミナーのレポートです。

セミナータイトル 高齢者の栄養管理について
~低栄養予防の為の食事のポイント~
分類 その他
開催日 2016年12月08日
エリア/主催 東北/ニチイ学館 山形支店
会場 ニチイ学館 山形支店
講師 株式会社 シニアライフクリエイト
管理栄養士
概要 意外に多い高齢者の低栄養について、管理栄養士を講師に迎え、講義していただきました。低栄養予防のための食事のポイントや、ちょっとした工夫でできるワンポイントアドバイス等についてお話していただきました。

高齢者の栄養管理について
~低栄養予防の為の食事のポイント~

その他

►セミナーの様子

►セミナーの様子

◆プログラム
1. 高齢者の栄養管理について
2. 低栄養予防のための食事のポイント
※ 試食

◆参加者
山形支店所属の看護・介護スタッフ:25名

◆開催レポート

【講義内容】

1.高齢者の栄養管理について

①高齢者の低栄養
65歳以上の高齢者のうち低栄養状態にある方は全体の 16.8%
(85歳以上では、約3割が低栄養状態にある)

②低栄養状態とは?
=「エネルギー」と「たんぱく質」が不足した状態(必要な栄養素が足りていない)
→この半年で2~3Kg以上体重の減少がある
→BMIが18.5未満
→血清アルブミン値が3.5g/dl以下の方

③低栄養状態になると?
・日常生活にも支障をきたし、寝たきりの原因に!
→筋力の低下・骨量の減少により骨折しやすくなる
→免疫力・体力の低下により病気にかかりやすくなる
→気力の低下
→認知機能の低下

!! 低栄養の危険性に注意してみていくことが必要 !!

2.低栄養予防のための食事のポイント

①高齢者の食生活の現状
・献立や食品が単一的になりがち
(炭水化物中心の食事となり、肉・海藻・果物・野菜などが不足)
・味覚の低下により味の濃いものを好む
(塩分・糖分の摂り過ぎにつながる)
・咀嚼力低下により食事量が減る

②しっかり摂るべき栄養素
エネルギー
・三大栄養素(たんぱく質、脂質、炭水化物)
・エネルギー不足⇒体重が減る、体が動かせなくなる
たんぱく質
・体重の約1/5を占め、血液や内臓・筋肉・皮膚をつくる主要成分
・たんぱく質の不足⇒筋肉量減少、体力低下、免疫機能低下
ビタミン・ミネラル
・身体で作り出すことができないので食事から摂取することが必要
水溶性食物繊維
・コレステロールの吸収を抑制⇒動脈硬化防止
・食後の急激な血糖値の上昇を防ぐ⇒糖尿病予防
・果物や野菜に含まれるペクチン、海藻に含まれるフコイダン、こんにゃくに含まれるグルコマンナン等
不溶性食物繊維
・水に溶けず、水分を吸収して腸壁を刺激し便の排泄を促進する
・野菜や穀物に含まれるセルロース、キノコに含まれるグルカン、カニ・エビに含まれるキチン・キトサン等

③高齢者に不足しがちな栄養素
カルシウム
・骨粗しょう症を防止、寝たきりを防ぐためにも骨年齢を若く保つことが重要
⇒牛乳や乳製品を積極的に摂取する
亜鉛
・不足すると味覚低下、味付けの濃いものを好むようになり、塩分や糖分の摂取量が増える
・亜鉛を多く含む食品 : 種実類(ごまなど)、魚卵、豆類など

④バランスのよい食事とは?
主菜(身体をつくる栄養素)
・たんぱく質(肉・魚・卵・豆) 、脂質(油脂類)
・一食ごとに変えることでバランス良く、他の栄養素をたくさん摂れる
主食(エネルギーになる栄養素)
・炭水化物(ご飯・パン・麺・芋類)
・脂質(油脂類)
副菜・その他(身体の働きに必要な栄養素)
・ミネラル(乳製品・海藻)
・ビタミン(果物類・緑黄色野菜類)
・食物繊維(根菜類)

⑤手軽にできる栄養補充
・レトルトスープ+豆腐、卵、冷凍野菜や乾燥ワカメ
・ご飯+缶詰や惣菜=丼物・おにぎり(豆腐丼、ヒレカツ丼、焼き鶏丼など)

⑥コンビニ・スーパーでの食事選び
・弁当は野菜が多いものを選ぶ
(野菜が少ない場合はサラダ(ノンオイルドレッシング)や野菜の煮物をプラス)
・寿司弁当に組み合わせるのは、煮物や汁物だと塩分が多いのでサラダや酢の物をプラス
・パンは菓子パンではなく、野菜の具がはいったサンドイッチを選び、野菜ジュースをプラス

⑦間食の活用
1日のエネルギー量の10%を目安に、不足しがちなビタミンやミネラル(フルーツや乳製品、ゼリーのようなのどごしの良いもの)を補給する

!!食欲がない、量が食べられない場合には・・・!!
1日3食にこだわらず、間食を「食事」として取り入れてみるのも手
・主食摂取が減っている時⇒糖質(おにぎり、サンドイッチ、ふかし芋など)を補う
・おかず摂取が減っている時・・・たんぱく質(牛乳、ゆで卵、チーズ、卵豆腐、豆乳、冷奴、かまぼこなど)を補う

►試食用サンプル

►試食用サンプル

※試食
やわらか食やムース食、カロリーや塩分調整食等の試食を行いました。

◆開催を終えて

【参加者の声】
「栄養管理に関わる基本的なことを再確認できました。」
「試食の機会があってよかったです。お客様に提案する時に役立ちます。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ナースネット機関紙が読める! 看護師ナビ掲示板に投稿できる!
最新セミナー情報等がメールマガジンで受け取れる!

会員登録がまだの方は こちら
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

セミナーレポート一覧へ戻る