ページ内移動用のメニューです。

掲示板

お仕事に関する相談や、ちょっとした疑問、雑談まで、看護師さん同士で会話を楽しもう!

掲示板の使い方

  • お仕事に関する聞いて&オススメ
  • お仕事に関する質問・相談
  • 趣味・生活
  • 地域・ご近所

メルマガ25号トピックス:花粉に負けない生活を送ろう

ニチイ看護師ナビ 

投稿日時:2017/03/23 14:05:45
最終更新日時:2017/03/23 14:05:45

花粉の飛散が本格化し、花粉症を持つ人にとっては日々花粉対策に苦慮している
ことと思います。
そもそも花粉症とは、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきたときに、
それを排除しようとする免疫反応によって、鼻水、くしゃみ等の症状が起こることを
いいます。
空気中を浮遊している花粉等のアレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、
体内に抗体が作られ、肥満細胞と結合します。その後再びアレルゲンが侵入すると、
肥満細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、ヒスタミン受容体
(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー
反応を起こします。
花粉症の予防策・対策には、できるだけ花粉に触れないようなアイテムの活用
(ゴーグル、マスク、花粉を落としやすい服装等)、
規則正しい生活(自律神経のバランスを整える)、うがい・洗顔等が大切です。
また花粉症が発症し、上記の対策のみでは不十分な場合、
抗ヒスタミン薬等の内服薬や点鼻薬・点眼薬などの対症療法が主な対応となります。

さらに2014年より保険適応となり広まっているのが減感作療法の「舌下免疫療法」
です。
これはシダトレン(スギ花粉舌下液)を舌の裏に滴下し、そのまま2分間保持した
後飲み込みます。最初二週間はシダトレンを少量から投与し(増量期)、
3週目以降は同量の薬を毎日舌下投与するもので、スギ花粉が飛来すると言われる時期の
三か月前に治療を開始する事が望まれます。
なお治療継続期間は3年以上継続して服用することが必要です(維持期)。
これは従来から行われてきた皮下注射による減感作療法と比べ、注射による痛みもなく
自宅で治療ができるのが特徴です。また長期にわたり正しく治療が行われた場合、
アレルギー症状を治したり、長期にわたり症状をおさえる効果が期待できます。

国民の三割が花粉症とも言われ、今や国民病とも言われる「花粉症」ですが、
自身に合う対策・治療法を活用して花粉のつらい時期を乗り切りましょう!

掲示板一覧へ戻る

介護のお仕事に興味のある方へ 看護師さん向け 春のお仕事相談会

 あなたに合った働き方を見つけよう! 看護師さんの適性診断